FP技能士(通称 ファイナンシャルプランナー)

資格区分 国家資格
資格概要 FP(ファイナンシャルプランナー)はお金の専門家だと思ってください。
金融機関にお勤めの方が持つことが多い資格です。
この資格には独占業務は無いので資格を取ってもFP技能士と名乗ることができるぐらいです。


専門も分野が分かれていて
2級は、個人、中小企業主、生保、損保、資産設計
3級は、個人、生保
と細かく分野が分かれています。
難易度 3級 B 比較的やさしい
2級 C 普通
試験詳細 試験は各級ごとに、学科と実技で分かれていて、
学科は3級なら3級で、2級なら2級で共通になっています。
ですので、2級の学科と実技のどれかを合格すれば、2級の資格を取れます。
学科のみ、実技のみと片方だけでは資格は取れません。
科目合格制なので後地らか片方のみ受験もできます。
試験日 学科は年3回
実技は人気のあるものは年3回、人気の無いものは年1回のみです。
 
受験手数料 3級 学科3000円 実技3000円
2級 学科4200円  実技4500円
受験資格 3級は、なし。誰でも受験可能
2級は、3級合格者又は、実務経験2年以上など。
実施機関 社団法人 金融財政事情研究会
合格率 2級学科 12%〜30%
2級実技 個人 中小企業 生保  損保 どれも30%前後

3級学科 60%前後
3級実技 60%前後
参考書 私はこの問題集を使い合格しました。
出版元のきんざいは試験を行っている機関ですのでそこが出している試験問題が1番のお勧めです。
3級学科用 3級実技用・個人
2級学科用 2級学科用・中小企業

問題集以外に参考になったものは
税金対策用
相続対策や不動産などにも
使えるので参考書として
1番のお勧め。
保険対策用

出題数は少ないですが、
保険の問題も有りますので
図解で解りやすく載っています。
年金対策用

コチラも出題数は少ないですが、
年金の問題も有りますので
図解で解りやすく載っています

勉強期間 3級は、1日2時間を3ヶ月間
2級は、1日3時間に増やして3ヶ月間
必需品 電卓・試験でも持込可能です。(機種制限アリ)
勉強法         試験の内容は、金融知識(株投資や為替)や不動産、保険、年金と多岐にわたります。
3級受験時は、初めは、学科用の問題集をやっていましたが、投資に関しては知識がありましたが、年金や保険、税金に関しては知識が無かったため、問題の解説を門でも解らないものは、個人と会社の税金がわかる本、などを使って知識をつけていきました。
ある程度年金や税金の知識がある人は問題集だけでも大丈夫ですが、不安でしたら、参考になった本も用意しておけば解らないことがあってもスムーズに調べることができると思います。
学科を一通りやれば実技は、学科の応用編といった感じで内容はさほど変わらないので対応できると思います。

過去問題と回答が公表されているのでそちらも試験前にはやっておきましょう。
問題集にも載っていますが、出版日の関係で極近の問題は載っていないことが有りますので確認しておくことをお勧めします。
その他の講習 資格試験の体験談はこちら