建設業経理事務士3級

資格区分 国家資格
難易度 3級 B 比較的易しい
2級 C 普通
業務内容 建設業者における会計及び処理能力の向上と、経営の改善に資することを目的とした資格で、1・2級は公共工事の入札に必要な点数になりますが、3・4級は何もなりませんので、自己研鑽のための資格になります。

1・2級は建設業経理士
3・4級は建設業経理事務士
と名称が異なります。
試験日 年1回 3月
1・2級は年3回
受験手数料 13,900円
受験資格 無し。
4級から有りますが、3級とあまりレベルが変わらないため、3級を受ける人の方が多いです。
日照簿記3級よりもカンタンらしいです。
実施機関 建設業振興基金
合格率 3級 64%
2級 47%
参考書

建設業経理士検定試験
模擬試験問題集3級
(平成19年度版)

図を使って解りやすく
問題と解説が載っています。
練習問題と過去問題も載っているので
この1冊で試験には対応できます。
試験機関である
建設業振興基金の関係機関
から出版されている問題集
ですので1番のお勧めです。

講習期間 3級 1日2時間を3ヶ月間
2級 1日2時間を3ヶ月間
勉強法         問題数は全部で5問
1問は仕分けが5題
2問は勘定や計算表
3問は試算表
4問は伝票が多い
5問は精算表
で各問題に点数が記載されており、70点以上で合格です。
問題の内容は普通の簿記とほぼ同じで、建設業独特の項目・工事未払い金などがあるだけです。
簿記を少しでもやったことがある方なら、上の問題集を一通りやれば合格で知ると思います。
その他の講習 資格試験の体験談はこちら