施設管理、設備管理とは

水道、洗面台、トイレなどの給排水衛生設備、コンセントからキュービクルなどの電気設備など、工場やビルなどで使われているインフラ設備の維持管理などのことを総称して設備管理、施設管理と言います。
この管理の中には、故障時の修理、新規設備への更新なども含まれます。

その中でもビルの管理の仕事に携わっている方たちが多く、某有名掲示板では専用のスレッドもあるくらいです。
ビルの管理についてらっしゃる方たちの中でも特に設備の管理をされてる方たちが通称「ビルメン」と呼ばれています。
ビルメンとは

 建物、主に中型以上のビルの電気・空調・給排水・衛生・消防設備の管理をしてます。
だいたいビルの1階にある、中央監視、設備センター、防災センターなどの名称の部屋にいます。
警備員さんと同じ部屋にいることが多いですね。
具体的に何をやってるか解りづらいですが、蛍光灯の交換、風向きの変更、ブレーカーが落ちたときに呼ぶと来る人たちです。
部屋がいつも暑い・寒い、なかなか蛍光灯の交換をやらない、いつも暇そうにしてる。
などと言われることも有りますが基本的に薄給なので多めに見てください。
 私が短大卒業後初めに勤めた会社は基本給が13万円でした。
基本給の安さを資格手当てで補ってるので、資格を取る気になるには最適の職場でした。
逆を言えば資格を取らなければ生活できないほどの薄給です。
宿直といって会社に泊まることが月に6回はありました。
休みも平日ですし、人に進められる職業ではありません。
メリットは建物のことを覚えるので、家の手入れを自分で出来るようになることです。
仕事も楽な現場が多いので辞められずに働いている人が多い職種だと私は思ってます。