資格を取る前に


 資格で得をする人、損をする人それぞれの傾向と対策

 

 資格を取って就職や転職などや手当てなどで得をするには、資格の選択が大事です。

資格なら何でもいいという訳では有りません。

資格を取ることによって金銭以外でも損する場合もありますし、

ありふれた資格でも得することがあります。

一定の傾向が見られるのでチェックしておきましょう。

 

 損をする人に多い傾向では

情報だけで資格を選ぶ。世間的な評価や資格参考書に書かれている、評価・難易度・収入・就職に有利など

を第一に考えて資格を選んでしまう。

興味や適正を考えないと、営業向けの資格を取ったが人付き合いが苦手でつらいなど

ありますので取る前に適正をチェックしておきましょう。

 

 得する人に多い傾向では

ダブルやトリプルなど複数の資格を取得していること。

ただし関係ない資格をいくつも持っていても意味は有りません。

電気主任の資格を持っていて、電気設備点検を行っている時に不良箇所を発見しても

電気工事氏の資格を持っていればその場で修理すれば、時間の節約に

なりますし、お客さんの了解を取れれば収入にもつながります。

就職や転職でも同じレベルの資格を持っている人を比べた場合

片方の難易度は低くても関連する資格を持っていれば、そちらを選びたくなるものです。

価値ある資格を関連する資格がより引き立たせますので、

複数の資格が得をするのには重要になります。