簡単に資格を取る方法

資格を取るには、試験や講習でとる方法が有りますが、試験や講習にも受験資格が儀津用となることが多々有ります。
ここでは、資格を効率的に取得する為のテクニックや無試験での所得方法をご紹介します。

1・第2種電気工事士 他の資格を取得するにも役立ちますので一番のお勧めです。
無試験での取得方法
学校で電気工事について1年間学ぶ。

経済産業省認定学科の学校であれば、1年間専門学校で勉強すれば、学校内試験で、ほとんど100%合格できます。1回落ちても再試験があるので安心です。
中卒であれば専門学校に入学できます。

学校は昼間でも夜間でも大丈夫です。私立の学校も有りますが、県立または都立の職業訓練校でも資格は取れますので県立をお勧めします。
県立・都立の職業訓練校については都道府県庁またはハローワークで聞けば教えてくれます。
簡単に取得する方法
筆記試験免除での資格試験を受ける。

高等学校、高等専門学校及び大学等において経済産業省令で定める電気工学の課程を修めて卒業した方 は筆記試験が免除になります。

上記の学校を卒業してれば試験問題は比較的簡単に解けるでしょうから、あまり意味は無いかもしれませんが筆記試験のみになりますので少しは簡単に取得できます。
第2種電気工事士取得後に簡単に取れる資格
・乙種消防設備士 4類 7類
・甲種消防設備士 4類
上記の資格は試験時に電気に関する問題が免除されます。
・消防設備点検資格者 1種 2種
上記の資格は、講習で取得する資格ですが、第2種電気工事士を持ってれば講習の受験資格が得られます。

2・工事担任者
無試験での取得方法
学校で電子・通信などについてについて2年間学ぶ。

総務省認定学科の学校であれば、2年間専門学校で勉強すれば、学校内試験で、ほとんど100%合格できます。1回落ちても再試験があるので安心です。
高卒であれば専門学校に入学できます。
学校によって認定されてる資格が違うので注意しましょう。
アナログ・デジタル総合種が認定されている学校もあれば、デジタル3種のみなど、学校によって認定されているものは、ばらばらです。
簡単に取得する方法
総務省認定学科の学校であれば「電気通信技術の基礎」の科目がどの工事担任者資格でも免除されます。(学内試験で取れる学校とは認定の種類が違うので注意してください。)
工事担任者取得後に簡単に取れる資格
アナログ2種・デジタル2種以上を持っていればどの工事担任者資格でも「電気通信技術の基礎」の科目が免除されます。