☆資格の所得のための勉強法

各種資格の取得のための効果的な勉強法(私が実践してきた勉強法)を紹介します。

1・過去の問題を解く
2・参考書は試験実施団体が作ってるものを使う

1・過去の問題を解く

資格試験は過去に出た問題と似た内容の問題が繰り返しだされることが多いです。
その問題に関する知識が、資格取得後、職務の遂行の上で重要となるからでしょう。
したがって過去の問題、5年分程度を勉強すれば十分合格できる力が付く資格が多数有ります。

過去門だけで取れると思われる資格には、
乙種危険物取扱者、2級ボイラー技師、等が過去門だけで大丈夫だと思います

2・参考書は試験実施団体が作ってるものを使う

資格試験の問題集や参考書を試験実施団体やその関係団体が作ってることが有ります。
日本の利権構造からそのような体系ができているのでしょう。
関係団体の本だけあって、試験問題に類似した問題や、出題範囲をきちんとカバーしています。
他の会社でもっと優れた参考書をだされては売れなくなる(利益が関連団体に入らなくなる)ので当然でしょう。

関連団体が参考書を出している資格は
ボイラー技師→ボイラー協会・ボイラー技士試験標準問題集
工事担任者→リックテレコム・精選問題集
エネルギー管理士→省エネルギーセンター・**管理士試験直前対策
冷凍機械保安責任者→日本冷凍空調学会・試験問題と解答例冷凍機械責任者

等が有ります。